今年の興誠館杯では、初の試みとしてフォトコンテストを開催しました。

いくつかのポイントをご紹介します。
①審査はその「画像のみ」で行う。アングルや背景など、純粋な撮影技術も含まれる。
②蹴りは高く足が上がっていること、きれいなフォームであることが優先される。
③表情が写っていること。その表情も審査のポイントになる。
④その他(正装、興誠館杯に参加申込みをしている 等)

それでは結果発表です!

ハイパッション賞
畑中選手

ベストインプレッション賞
島廻選手

入賞された2人には、興誠館杯にて盾が授与されています。

その他、惜しくも入賞を逃しましたが、次回に期待したい方を少しだけ紹介します。

皆さん、なかなか迫力のある画像ばかりです。
撮影技術も問われる部分があるため、次回に向けて研究していきましょう。

入賞されたお二人、おめでとうございます!