平成30年度 興誠館杯が大阪駅の近く、スタジオN&Aで開催されました。

当日はかなり冷え込む気温でしたが、会場は熱気で窓が曇るほどでした。

今年、なんと言ってもレベルが高かったのは型でしょう。
昨年の悔しさのリベンジを果たしたい西川選手、畑中選手をはじめ、
新進気鋭の島廻選手、圧倒的な経験値を誇るY選手が引っ張りました。

そして階級分けされた組手も、今年は大迫力の試合が続きました。
上段への鋭い回し蹴り、一瞬で入った後ろ横蹴り、根性で叩き込んだ上段への正拳。
それぞれの思いと意地を乗せて、火花を散らす試合が多く見られました。

【大会結果】
型の部
優勝  畑中選手
準優勝 Y選手
3位  西川選手

男子組手(DⅡ)の部
優勝  Y選手
準優勝 島廻選手
3位  坂本選手

男子組手(DⅠ)の部
優勝  梅木選手
準優勝 青木選手
3位  市井選手

女子組手の部
優勝  畑中選手
準優勝 西川選手

総合MVP
畑中選手

入賞された選手も、悔しい思いをされた選手も、次の大会に向けてまた一緒に練習をしていきましょう!