練習生各位

ご存じの通り、大阪府は昨日(12月2日)よりレッドステージ1に移行し、医療非常事態宣言が出されています。
特に大阪市北区・中央区の飲食店は時間短縮を要請され、府民の皆様には「不要不急の外出の自粛」が呼びかけられています。

12月3日に出された医対第1159-15号通知によりますと、現時点で教育機関がストップすることや、運動やサークル活動を中止するような指示はありませんが、大阪市と堺市を中心に活動し、小学生の練習生も多い興誠館としては以下のように対応します。(ひとまず1月末までこれで様子を見ます)

〇原則として、練習は継続します。

〇未成年の練習参加の可否は、保護者が体調確認を持ってご判断ください。

〇全ての道場で、練習中のマスク着用と、手指消毒をお願いします。

〇練習を休む場合は、「1か月単位」でお休みください。(例えば12月を丸々休む、というように)
この場合、12月の月会費はいただきません。1回でも参加された場合、月会費の全額納入をお願いいたします。
なお、会費の支払いは月末になります(27日)。

〇12月に予定していた昇級審査で、南大阪支部はスマートホンを駆使して遠隔審査で実施します。

くれぐれも練習生の皆様におかれましては、体調管理に十分な注意を払ってお過ごしください。
37度を超える発熱がある場合は、決して練習に参加されないようご協力をお願いいたします。

情勢によっては再び緊急事態宣言ということも考えられます。
その際は、改めて公式アナウンスをさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

空手道興誠館 代表師範 飯塚 稔