最終回を迎えた滋慶選択科目(J選)は、前期の最終日を迎えました。

この日は特別審査会を実施し、全員が初級(黄色帯に相当)に合格しました。
残念ながら審査中の様子は撮影できませんでしたが・・・
その表彰の様子がこちら。

今回は皆さんレベルが高く、危なげなく合格していった印象があります。

せっかくなので、覚えた型を使って型の試合も体験してみました。
実際に試合がどのように行われるのか、東京オリンピックの前に体験してみると、
見所が分かって面白いかもしれません。

優勝は木田選手、準優勝は仲井選手です。
どちらも医療心理科に所属し、熱心に練習をしていた学生さんです。
せっかくなので空手部に入部してほしいくらいですね。

最後は指導補佐を務めてくれた梅木コーチからも労いの言葉をもらいました。

指導を務めた飯塚からは、
「暗いと文句をいうのではなく、自分が灯りとなるような生き方をしてほしい」と
締めの言葉を送って終了しています。

皆さん、暑い中よく頑張りました!お疲れ様でした!