大阪医療技術学園専門学校の空手部で主将を務めている青木選手が、先月の昇段審査に合格しました。
新年からは晴れて、黒帯を締めての練習です。

青木選手は大きな身体と破壊力抜群の蹴りが持ち味です。
一方で、後輩や子どもの面倒をよく見る面倒見のよさも特長でした。
彼が主将を務めた1年間で、部員の数が2倍以上に増えたのは大きな功績でした。

この春に卒業のため、後輩に主将をゆずって退陣しますが、
就職してからもぜひ一緒に練習を続けていけたらと思います。

青木選手、おめでとうございます!