2018年夏の審査会において、女性の有段者(黒帯)が誕生しました。

畑中選手です。

もともとバレーボール部の出身で、格闘技経験はまったくありませんでした。
一度始めたら絶対に途中でやめない、という強い信念の持ち主です。
格闘技に限らず、ものごとを進める上でとても大切なことだと思います。

格闘センスあふれる・・・というキャラではありませんが、人の2倍努力する姿勢をずっと崩さず、審査当日も強い緊張感に負けず、丁寧に演武を披露しました。

畑中選手、昇段おめでとうございます!
黒帯になってからが本当のスタートです。
心も身体も、強い女子になってください!