8月第1週には夏季審査と大会の開催が控えています。
7月はお休みの日がありませんので、しっかりと練習ができますが、逆に追い込みすぎないように。
ケガや熱中症には気を付けて、一番良いコンディションで本番を迎えましょう!